治療期間中は日常生活での動きも少なく、どうしても筋肉がどんどん硬くなってしまいます。怪我の回復後のリハビリと一緒にストレッチを行うことにより、より良い状態での回復が期待できます。

セルケアプラスで行うこと

怪我の回復を見ながら、無理のない程度に一人一人に合ったストレッチを行っていきます。その際には、1度医師との相談の方をお願いしております。
また、トレーニングで使用している当店のMCC(マルチカフケア)装置の血管ストレッチの機能を利用し血流を改善することで怪我の治りが早くなったなどの例も多く出ていますので、ストレッチと組み合わせることで、効果が期待できます。

お問い合わせはコチラ