【肩こり】

よく「肩こり解消の為に腕回してるのに、全然良くならない」とセルケアに来られる方が多いです。

 

【肩が凝ったときにやってしまうこと】
・肩を叩く、押す(グリグリと強く)
・腕を回す
・シップを貼るなど

 

ですがこれでは一向に良くなりません。
まず、“肩が凝る”原因のほとんどが、『肩』ではなく、肩甲骨や首、骨盤のズレなど他が原因とっていることが多いです。

 

ですので、いくら肩を押しても叩いても、一時的には楽になったとしても、根本の原因の解消をしていないので、また痛みを繰り返してしまうのです。

 

【肩関節とは】

肩関節というのは、上腕骨と肩甲骨から構成されており、上腕骨の上端部分は丸い球のような形、肩甲骨はお皿のような形になっています。

 

この肩甲骨に上腕骨がはまっている状態になります。
腕を回すというのは、ここの部分がクルクルと回っている状態です。

 

先ほどもお話ししましたが、肩こりの原因のほとんどが肩からきているものではないので、腕を回してもなかなか改善というものにはつながりません。

 

腕を回すというのはいいのですが、何がいけないのか。
腕だけ回すのではなく、肩甲骨からしっかりと動かしてあげないといけないのです。

 

肩甲骨を動かす?
腕が肩甲骨を動かしているのではなく、肩甲骨が腕を動かしていると思ってください。

 

ですが、肩甲骨周りが凝り固まっているとあまり動かないと思います。
そして、ゴリゴリとした感じがあり痛みも伴うかもしれません。

 

デスクワークや1日中同じ姿勢で肩がガチガチという方は、一度「肩甲骨を動かす」を意識して行ってみてください(^_^)
無理やりはダメですよ!!
無理やり行うと逆に筋肉が縮もうという働きをしてしまったり、傷つけてしまうので。

 

セルケアではこう言ったアドバイスも行なっております(*^◯^*)