頭痛、めまい、耳鳴り…身体のどこかが悪いの?何かの病気?
心配になってしまいますよね。

 

【頭痛、めまい、耳鳴りは首こりが原因かも】

一日中パソコン作業やスマホなどで下を向く動作が多く、猫背になり、自然と頭が前に突き出てしまう。
人間の頭というのは、約5Kgあると言われています。
その重さを常に首で支えていることになります。
そして、首が傾けば傾くほどに負担は大きくなってしまいます。

 

《傾斜と首にかかる負担》
15度 12Kg
30度 18Kg
45度 22Kg
60度 27Kg

 

今では当たり前となっている「スマホを見る」動作の時には、どれほどの負担がかかっているのか。
首には相当な負担がかかってしまい、筋肉が硬くなり血流が悪くなってしまう。
そして筋肉内に疲労物質が溜まり“首こり”が起きてしまうのです。

 

 

【首は脳と身体をつなぐ大切なもの】

首には脳から身体に指令を送る重要な神経や、脳に酸素や栄養を運ぶ太い血管が集中しており、脳と身体をつなぐのにとても重要な働きをしています。

 

首が凝るとこれらの脳と身体をつないでいる神経や血管が圧迫されてしまい、疲労感やストレス、めまい、不眠、頭痛などの症状が起きてしまいます。
その他にも、臓器の働きを悪くするなど、身体の中にも悪影響を及ぼします。

 

【めまい、耳鳴りの原因の首こり解消の鍵は“鎖骨乳突筋”】

鎖骨乳突筋とは外から見ても目立つ筋肉で、鎖骨から後頭骨とつながっており、首を横に捻る・首を横に倒すなどの動作の際に使われます。

先ほどもお話ししましたが、首の周りには脳と身体をつなぐ大切な神経や血管が集中しています。
そしてこの鎖骨乳突筋が損傷したり、凝り固まることで起こる影響の一つとして「自律神経失調症」があります。
凝り固まることで自律神経が上手く働かなくなり、めまいや耳鳴り、動悸などといった症状が起こってしまうのです。

 

【鎖骨乳突筋をこまめにストレッチしてほぐす】

◉ストレッチしたい鎖骨乳突筋とは逆に首を真横に倒します。
◉そこから斜め後ろに倒していきます。
◉伸びているのを確認したところで15秒程度止めます。

 

日常生活で当たり前に行っている行動で、首には想像以上の負担がかかってしまっています。
パソコン作業の合間など、こまめにストレッチをし凝り固まってしまわないようにすることが大切です。
ですが、首にはとても大切な神経などが通っているため、強い痛みが出るほど無理やり行うのは危険です。

 

無理なくできる範囲で行いましょう。